演者紹介

image

源 光士郎(代表)

平成十七年に永逝した天の母 -日倫響恵- の啓示を受け「武楽座」を旗揚げ。「武の美」を提唱。
居合や薙刀、武士のたしなみとされる能や茶道の諸要素、光や音による演出を融合したダイナミックでスタイリッシュな芸能「武楽」を創始。2016年 東久邇宮文化褒賞受賞。
世界遺産フィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂、パリ JAPAN EXPO,オーベル城、ドイツ ザイン城,国際平和村,、ローマ、エルサレム・ヘブライ大学、ロンドン、ブリュッセル、上海、台湾、サンパウロなど世界各国で公演。
震災復興支援イベントや『フジロックフェスティバル 2009』などに出演。

「千年続く祭りを、鎌倉に」をスローガンに市民団体『チームサムライ』の共同代表も務め、鎌倉市大船での松竹 120 周年記念 映画仮装パレードを開催。
鎌倉音頭の振付けも担当。第一回 第二回歴フェス・コンテスト連覇。日本武道館発行の月刊『武道』に随筆「武の美が奏でる音楽」掲載。
日本の武士道の「美しい強さ」を世界に向かって発信している。

■出演実績
2006年『鬼切』(於・久良木能舞台)
2007年『鬼切』(於・O-EAST)
2008年『櫻花』(於・六本木ヒルズ)
2009年『日蝕』(於・グランドハイアット東京)
フジロック・フェスティバル出演(EBONY BONES!と共演)
日本映画祭inフィレンツェ(世界遺産サンタクローチェ聖堂)
第一/二回 歴フェス・コンテスト2連覇
2010年『高砂』(於・コンラッド東京)
2010年『鬼神』eco PARTY(於・ネパール)ポカラストリートフェス他巡演
2011年『叢雲』ベルギーブリュッセル JC世界大会
2011年『祈舞』震災復興支援イベント石巻ひかりの芸術祭
2011年『敦盛』(於・伝国の杜 置賜文化ホール)
2011年『屋島(四方斬)』『鬼神』新潟りゅーとぴあ能楽堂
2012年『Tempest』フランスジャパンエキスポ
2012年『献武式』『鬼神』Thanks from Japan エルサレム ヘブライ大学
2012年『小烏丸(紅葉狩)』(上海伊勢丹JAPAN FAIR特設ステージ
2013年『両国』(於・両国国技館)
2013年『両国』(於・新宿 京王プラザホテル)
2013年『四十九日』現代アーティスト小松美羽さんライブペインティングとの共演(於・福岡 大濠公園能楽堂)
2014年『屋島』ほか 佐原茶会(於・与倉屋大土蔵)
2014年ALL JAPAN PROJECT2014(サンポート高松)
2014年11月15日〜16日『高砂』『羽衣』ジャパンフェスティバル in ベトナム
2015年4月18日『厭離穢土』増上寺 徳川家康公400回忌奉納演武
2015年9月2日 日本橋コレド室町「アートアクアリウム・スペシャルイベント・サムライナイト」
2015年7月24日~26日『鬼蜘蛛』ブラジル日本まつり~日ブラジル外交関係樹立120周年~Centro Cultural São Pauloほか
2016年2月7日~16日『龍の淵』『金剛練磨』台湾公演ツアー太鼓ユニット我龍さんと 十鼓文化村ほか
2016年3月2日 (於・アンダーズ東京) HYATT Group 関係者Dinner Show
2016年3月18日 『邪気祓い』(於・シャングリ・ラ ホテル東京) グッチ家4代目グッチオ・グッチ氏の初来日記念ガラパーティー
2016年5月1日『花供養』『船弁慶』(於・セゾンアートギャラリー)「SAMURAI ART展」
2016年6月6日『日蝕』 (於・某一流ホテル)

Koshiro Minamoto
The tragic loss of his mother in 2005 left Minamoto with the inspiration for the ideas behind Bugaku, which ultimately led him to the founding of Bugakuza, which was founded on the principle of being a representative composite of the arts of samurai culture, incorporating their unique outlook on the representation of the relationship of life and death as well as the samurai warrior spirit. Bugaku projects the way of life and the aesthetics of the samurai and their approach to both death and life as being imbued with the same level of beauty in design. These philosophies flow from using one’s awareness of mortality to find the true beauty in life, to see the elegance inherent in well-managed precision, to find the inner strength to defend the weak against evil, and to carry within one’s heart the aesthetics of grace in all things. Bugakuza has also traveled the world, spreading their unique interpretation of Japanese culture to places such as World Heritage Site Santa Croce Basilica in Florence, Rome, the Hebrew University of Jerusalem, London, Paris, Brussels, Sao Paolo, and Shanghai, among others, as well as events within Japan such as earthquake relief events and Fuji Rock Festival 2009. His past performances include「Onikiri」(2006),「Ouka」(2008),「Nisshoku」(2009),「Onigami」(2010),「Yashima」(2011),「Murakumo」(2011),「Kogarasumaru」(2012), and [Onigumo」(2015), among others. He is also a co-representative of the Citizen’s Group “Team Samurai,” based in Kamakura, in addition to being published in the monthly publication “Martial Arts” by Nippon Budokan.  Official Homepage: http://www.bugaku.net


image

北条愛佳 Manaka Hojo

高校時代より、居合や薙刀など古武術と能の舞を組み合わせた武楽に取り組む。
脅威的に筋が良く、指導者の見本の動きを非常に良く観察し素直に再現。
身体の軸が立ち、姿勢も美しく、その才能に周りの大人が舌を巻く。
中でも二刀の舞と天女の舞を得意とし、役柄に応じて様々な表情を見せる。
集中すると何かが憑依したような神秘的な存在となり、多方面から絶賛を浴びている。

■出演実績
2013年7月6日 みなとみらいショートショー
トシアターにて武楽の舞を披露
2013年7月14日 六本木 V2 TOKYO にて
2013年『両国』(於・両国国技館)
2013年『両国』(於・新宿 京王プラザホテル)
2013年『四十九日』現代アーティスト小松美羽さんライブペインティングとの共演(於・福岡 大濠公園能楽堂)
2014年6月15日 佐原茶会(於・与倉屋大土蔵)
2014年11月15日〜16日 JAPAN FESTIVAL inVietnam の野外メインステージにて武楽 『高砂』『羽衣』を披露
2014年11月14日 FESTIVAL 前夜祭でも武部勤元幹事長ほか要人の前で演技
2015年3月31日 マッキャンエリクソン夜桜会
2015年9月2日 日本橋コレド室町「アートアクアリウム・スペシャルイベント・サムライナイト」
2016年3月2日 アンダーズ東京 HYATT Group 関係者Dinner Show
2016年6月6日 (於・某一流ホテル)


takahide-karate-1
久保貴英 Takahide Kubo

1982年生まれ。2歳の頃から空手を学び、小学二年生で空手道の町道場に入門。学生時代は目黒高校空手部と拓殖大学空手部でともに主将を務める。大学卒業後沖縄へ修行に出る。剛柔流空手道場沖縄館入門。琉球古武術を学び短期間の修行で指導員としての免除を受ける。地元横浜に戻り、源光士郎の誘いで武楽座へ入団。渋谷O-EASTにて「鬼切」公演に坂田金時役で出演し琉球古武術で体得した棒術をふるう。源光士郎の紹介を切っ掛けに柳生心眼流道場入門。日本古流武術を学び空手技術発展のヒントを得る。活法殺法両面の体得のため、柔道整復師、鍼師、灸師を取得。武術家で治療家として、殺活自在のスペシャリストを目指す。

■出演実績
2007年 武楽『鬼切』(於・渋谷O-EAST)
2008年 武楽『鬼切』(於・渋谷ギャラリー・ルデコ)
2009年 武楽『日蝕』(於・房総のむら歌舞伎舞台)
2009年 全日本琉球古武道オープン選手権大会優勝
2009年 沖縄伝統空手道世界大会出場
2010年 東洋館最優秀演武賞文部科学大臣賞受賞
2010年 武楽『鬼切』(於・サン町田旭体育館)東洋館空手古武道演武大会
2013年 武楽『祝賀の儀』(於・横浜某ホテル)
2016年 沖縄小林流空手道五段及び琉球伝統古武術練士五段を取得
2016年 琉球伝統空手古武術道場「手武館(てぃーぶかん)」設立


600615_581186368584329_962291764_n

笹乃優沙 Yuusa Sasano
叔母にあたる笹乃流現家元笹乃梅沙(現在は右女花)にて、日本舞踊の手ほどきを受け、3歳に初舞台。中学入学と同時に日本舞踊の世界から離れる。長期的に海外に在住し、日本芸能の素晴らしさを改めて感じ、日本舞踊を再開。新舞踊が多い笹乃流の為、基礎からしっかりとと自ら古典に最も力を入れている五代流派の一つ、坂東流にて修行も開始。現在、二つの日本舞踊名があり、坂東流にて師範を目指しつつ、笹乃流次期家元となる準備中。武楽座でも活躍している。

所属
日本舞踊協会会員、日本舞踊連盟会員
ロサンゼルス日本文化推進協会会員
ニューヨーク日本協会会員
一般社団法人日本タレント協会所属(文化人枠)

活動
【日本】国立劇場、国立小劇場、浅草公会堂など以外にも、宮城と福島へ定期的にボランティアへ行き舞う。その他、区民会館、市民会館、ホテルのパーティー会場や企業のイベントなどにも出演
2013年 武楽『両国』(於・新宿 京王プラザホテル)
2015年 武楽『邪気祓い』(於・鎌倉市大船まつり)
2016年 武楽『邪気祓い』(於・鎌倉市大船まつり)
2016年 武楽『花祭』 (於・某一流ホテル)
【海外】フランスパリ、南フランスアヴィニョン、ニューヨーク、ロサンゼルス、カタール、ルーマニア、台湾、韓国