代表挨拶 源光士郎

日本の美を世界へ。

武楽座は、2005年の創起点と2006年の旗揚げ公演以来、世界遺産フィレンツェのサンタクローチェ聖堂での日本映画祭オープニングセレモニーをはじめ、ドイツのザイン城や大使館、国際平和村、フランスではJapanExpoやオーベル城、英国、ベルギー、聖地エルサレム、上海、台湾、ベトナム、遠くはブラジルまで様々な国々、場面で舞台を勤めてまいりました。

image

世界の国々で武楽を披露し、またワークショップでの体験を通して、相手を尊重する武道の精神、侍の美意識を伝えることで世界の平和に貢献できると信じ活動しております。

image5

武術の新たな道。

日本武道の源流「天真正伝香取神道流」では、すべての技に一撃必殺の工夫がなされている一方で、「兵法は平法なり」として、戦うことを厳しく戒め、兵法は平和のための法であり、戦わずして勝利を得ることが最上であると教えています。武楽が大切にしているのは、戦って強さを競うのではなく、その洗練された美を追求する道です。

image

世界に和を。

日本文化の中でも、武道は世界中に競技人口五〜六千万人以上と広く普及している文化です。

そして、武道は「強くなりたい」「かっこいい」といった形から入り、その修練の過程で、無駄のない身体操法や惻隠の情、精神面の研鑽もなされる特徴がこざいます。

空手を稽古している人は、柔術も好きとは限りません。
居合を修行したい人は居合を選び、弓道を修行したい人は弓道を選ぶ。

各種武道にはそれぞれの魅力や愛好者があり、武士のたしなみである能の装束を身にまとい、琵琶や笛と言った侍の愛した楽器の演奏との真剣勝負でもある武楽も、他の武道とは異なる魅力で世界に日本の美と心を発信してまいります。

源
武楽座代表 源光士郎


【源光士郎 プロフィール】
東久邇宮文化褒賞受賞。平成十七年、母親の急逝に伴う啓示より、<視転>を開悟。「武楽座」を旗揚げ。「武の美」を提唱。死から鑑みる侍の視点、自分の命以上の価値の存在、研ぎ澄まされた術理の美、弱きを助け悪を挫く気風、歌や芸能、風雅に心を寄せる侍の美意識、死をもデザインし美しく生きんと欲する武士道の精神と死生観など「武の美」を主題とした武士文化の総合芸術「武楽」を創始。遠大な活動の過程での<人生に無駄はなく各人に存在意義と役目がある>という実感が多くの方の希望となりうると捉える。
世界遺産フィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂、フランスJAPAN EXPOやオーヴェル城、ドイツ国際平和村やザイン城、ローマ、エルサレム・ヘブライ大学、ロンドン、ブリュッセル、上海、サンパウロなど世界各国で公演。被災地石巻の鹿島御児神社など震災復興支援イベントや「フジロックフェスティバル2009」などに出演。
主な作品:「鬼切」2006年,「櫻花」2008年,「日蝕」2009年,「鬼神」2010年,「屋島」2011年,「叢雲」2011年,「小烏丸」2012年,「鬼蜘蛛」2015年ほか。
「千年続くまつりを鎌倉に」をスローガンに市民団体チームサムライの共同代表も務め、鎌倉市大船 松竹120周年記念 映画仮装パレードを開催。鎌倉音頭の振付けも担当。第一回 第二回歴フェス・コンテスト連覇。
日本武道館発行の月刊『武道』に随筆「武の美が奏でる音楽」掲載。侍の美と芸術を世界に発信している。


【出演実績】

2006年 『鬼切』(於・久良木能舞台)
2007年 『鬼切』(於・O-EAST)
2008年 『櫻花』(於・六本木ヒルズ)
2009年 『日蝕』(於・グランド・ハイアット東京)
フジロック・フェスティバル出演(EBONY BONES!と共演)
日本映画祭inフィレンツェ(世界遺産サンタクローチェ聖堂)
第一/二回 歴フェス・コンテスト2連覇。
2010年 『高砂』(於・コンラッド東京)
eco PARTY(於・ネパール)ポカラストリートフェス他巡演
2011年 『叢雲』ベルギーブリュッセル JC世界大会
震災復興支援イベント石巻ひかりの芸術祭
『敦盛』(於・伝国の杜 置賜文化ホール)
2012年 フランスジャパンエキスポ
Thanks from Japan エルサレム ヘブライ大学
『紅葉狩』(上海伊勢丹JAPAN FAIR特設ステーシ
2013年 『両国』(於・両国国技館)
2014年 ALL JAPAN PROJECT2014(サンポート高松)
『高砂』『羽衣』ジャパン・フェスティバルinベトナム
2015年 『厭離穢土』増上寺 徳川家康公400回忌奉納演武